与楽寺の教え

当寺は天台宗です。宗祖伝教大師さまの教えをいただいております。根本経典としては妙法蓮華経。

そして四宗兼学(円・密・禅・戒)として、法華経、密教、座禅、念仏等の教えに基づいて出家及び在家の菩薩、仏への道を目指していきます。

伝教大師最澄像


円とは

円とは円教(えんぎょう)。完全円満な教えのことです。天台宗では『法華経』の教えのことです。与楽寺でも『大乗妙典』として法華経全巻が伝わっております。

日常勤行では、第16章「如来寿量品」の偈文(いわゆる自我偈)、第25章「観世音菩薩普門品」(いわゆる観音経)などをお唱えしています。

 


密とは

密とは密教(みっきょう)の教えのことです。最澄さまが唐にわたり密教を持ち帰られました。その後円仁さま円珍さまがさらに唐にて詳しく学ばれ、台密(たいみつ)という密教の流れが完成しました。

 

與楽寺には二つの曼陀羅が伝わっています。仏様を象徴する文字・種子(しゅじ)で書かれた「種子曼荼羅」です。

密教法具 五鈷杵。金剛杵ともいう。


禅とは


戒とは

「戒」とはよき生活習慣のことです。僧侶としての自らに課するいましめ、誓いのことです。天台宗では梵網経所説の十重・四十八軽戒(十の重大ないましめ、48の軽いいましめ)の受持を本旨としています。

 


与楽寺ご本尊

 

 

与楽寺ご本尊は薬師瑠璃光如来様でございます。本尊様は秘仏のため通常はお前立のお薬師様がおられます。

お薬師様の両脇には日光月光両菩薩。そして12神将がおられます。


.